うさかめ英国至宝部

うさかめ英国至宝部

俳優ベネディクト・カンバーバッチさんに関するあんなことやこんなことだけじゃなく様々にとっちらかったことを綴るブログです

マーベル展のあとに限定品を購入した話

6月25日まで六本木ヒルズで開催中のマーベル展。

マーベル展内の特設ショップでは、開催終了15日前でも新たなグッズを追加販売する

というサービスぶり。

 

 

 

といっても、今回のマーベル展開催中には、ちょいちょい追加販売がされていて

マーベルって本当にファンサービスに優れているというか、お財布の開けさせ方が

上手いというか。

褒めてます、褒めてるんです、感心してるんです。

 

 

これは何回足を運んでも、運びがいがあるというか。

会期中すぐには行けなかった人でも、後期にしか入手できないものが準備されてるって

嬉しいなぁ、と。

もちろん展示を見るだけでも十分という方もいるとは思いますが、ショップで今しか

買えないものを楽しむ、というのも個人的には嬉しいな、と。

 

 

さて、私がマーベル展へ行ったのは5月20日(土)。

もう少し早く行く予定だったのですが、ちょうどこの日から発売になるものが

あったもので。

 

それはマーベル展と同じ会場内にあるショップではなく。

50階にあるホットトイズというショップで発売されるもの。

(マーベル展は52階で開催されています)

www.hottoys.jp

 

しかも、そのホットトイズはマーベル展開催中のみの期間限定店舗。

そしてそして、マーベル展に当日入場したチケットがないと購入不可能という。

 

4月に六本木ヒルズの52階で別の展覧会をみた帰り、たまたま50階を通りかかる

ことがありまして。

もしかして買えるのかな、と思ったら買えませんでした。あはは。甘かった。

52階のマーベル展内のショップだけがチケット必須なのかと思ったら50階も

でした。

 

 

で、ホットトイズ

 

5月20日から発売されたのは、こちら。

  

【コスベイビー】『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』[サイズS] スティーブ・ロジャース&トニー・スターク(東京&六本木ツアー版)<2体セット> | 株式会社ホットトイズジャパン

 

午前中は用事があり、午後2時ぐらいにマーベル展へ行ったものですから。

もう売り切れていたらどうしよう、とひどく心配しつつ。

 

店舗に並ぶ沢山の白い箱をみてホッとしました。

そうだよねぇ、初日だしねぇ。いくらなんでもねぇ。あぁ、よかった。

私が欲しかったのは、ホットトイズのなかで”コスベイビー”と呼ばれるシリーズで

”アイアンマンとキャプテン・アメリカが観光で来日”という設定のもの。

 

 

外箱は私の腕では上手く撮影できなかったので、公式ホームページを参照ください。

 

www.hottoys.jp

 

 

f:id:usakame221b:20170611143129j:plain

 

か、かわいい。

六本木と東京。こういうTシャツ着た人たち、いそうだもんなぁ、とにやにや。

縦書きと横書きに分けたのもいいなぁ、うんうん。

 

f:id:usakame221b:20170611143248j:plain

 

高さは10センチほど。首がちょいと揺れる”ボブルヘッド仕様”。 

 

           f:id:usakame221b:20170611144448j:plain

 

キャプテン・アメリカの象徴ともいえる”シールド”は、取り外し可能。

 

 

私が現在持っているコスベイビーたちは

f:id:usakame221b:20170611150119j:plain

ドクター・ストレンジ』公開初日の1月27日、そのとき渋谷の期間限定ショップで

ドクターのコスベイビーを購入して。それが初めてのコスベイビー購入で。

 

で、アイアンマンとキャプテン・アメリカと同時にブラックパンサーも来て。

 

で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』観たあとで

どーしてもロケット先輩が欲しくて。

 

あっという間に、こんなことに。

えぇ、5月の終わりの私は完全に浮かれておりました。

 

 

それにしても、ドクター・ストレンジ浮いてるなぁ。

いや、そもそもが宙に浮いてる設定なんだと思うんですけど。

存在的にというか。

今後、アベンジャーズの一員としてアイアンマンやキャプテン・アメリカとの

接点も出てくるかもしれないけれど。

どうなるんだろう、どんな会話をするんだろう。どきどき。

上手く馴染めるのかな(と親戚かのように勝手に心配するのでした)。

 

 

まさかベネディクトさんがマーベルに出演するなんてなぁ。

まぁ、だからこそ私がマーベルの世界を知ることになった訳で。

それでもって、こんなにマーベル好きになるとは思わなかったんですよねぇ自分でも。

 

そして、『シャーロック』でベネディクトさん演じるシャーロックの相棒を演じる

マーティン・フリーマンさんもマーベルに参加!

ベネディクトさん演じるドクター・ストレンジよりも前にマーベルデビューだったし。

 

そして、そして、そのマーティンさん演じるエヴェレット・ロスが再び登場する

『ブラック・パンサー』の予告が昨日解禁!!!

 

 

www.youtube.com

 

予告開始早々にマーティンさんの姿が!!!

そういえば撮影の合間に撮影されたと思われる動画も見かけてたのに。

いやー、予告見ながら変な声だしちゃいました。

 

予告に使われているのは、こちらの楽曲だそうで。

 

www.youtube.com

 

公開予定は来年2月。

ですが、日本での公開決定という噂を聞いてないという。

でもまぁIMDbで調べたところ、今日現在で12か国しか決定してないし。

 

www.imdb.com

 

 

きっと、これから日本も追加されるに違いない!!

と、期待しつつ、どこか期待しすぎないようにしてるのでありました。

(公開されるとしても世界最遅で公開されるんだわ。くすん)

 

ホットトイズ関係の製品は、7月と9月発売予定のものを予約済なので。

きっと、いつかまた写真をアップすると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェ・クリスティが期間限定でパブ・シャーロックになったりシャーロック・カフェになったりする話③

2014年から、早川書房1階のカフェ・クリスティが期間限定で

シャーロック関連のお店になることを知って早3年。

 

今年5月2日からはシャーロック・カフェとしてオープン。

当初は6月30日までの予定だったようですが8月31日まで延長されるとか!

 

www.hayakawa-online.co.jp

 

毎年名前が変わるけれど、来年は一体どうなるんだろう?!

 

で、いそいそと行ってきました。

f:id:usakame221b:20170608213958j:plain

 

 

「よろしければメニューを持って帰ってください」と店員の方からお許しを

いただいたので、ほくほくと持ち帰ってきました。

f:id:usakame221b:20170608213903j:plain

 

いつ行っても店員の方が親切で、かつ面白いので大好きです(いきなり告白)。

 

一昨年、初めて行った時も「ほらほら、この人!神田のモリアーティ!」って

店員さんが早川書房の社員の方(だったと思う)を紹介してくださって。

「ね!似てるでしょ!!」って言われたけど、いや、そんな悪人に似てるって

言えないし。

でも、いきなり「神田のモリアーティ」と紹介されたのが可笑しくて大笑いして

しまいました。

 

 

今回のメニューの裏側はドラマ『シャーロック』!

f:id:usakame221b:20170608214423j:plain

 

あぁ、来月ようやく『シャーロック』最新シリーズがBSで放送されますね。

今年の1月1日に英国などで放映されてから、はや半年。

 

ネタバレを避けるために、ツイッターでは海外の方のアカウントを見ないように

設定したり、タンブラーなんて開けられやしない日々が半年。

疲れたよ、ジョン。

 

海外の観たい映画やドラマがあっても、日本じゃ半年遅れで公開・放映なんてちっとも

まったく珍しくないんだよ、ジョン。

助けてジョーン。

 

f:id:usakame221b:20170608215010j:plain

ふーん、って顔して聞いてるジョンさん。

そうそう、今年もシャーロックになれるコートと帽子がありました。

 

 

暑かったので、まず1杯。

f:id:usakame221b:20170608215149j:plain

”ピンク色の研究”

カシスにオレンジジュースを加えたきれいなピンク色のカクテルです。

これならば何杯飲んでもホームズばりに頭脳明晰!?

 

カシス大好きなので、ごくごくと美味しくいただきました。

 

f:id:usakame221b:20170608215443j:plain

手前が”エッグ・ベネディクト・カンバーバッチ風”。

ナイフを入れると半熟の黄身がとろり。

ネーミングの面白さだけじゃなく味もしっかり正統派。

 

こちらのオーダーが入ると、厨房に「カンバーバッチ入りました!」って

店員さんが言ってるのが聞こえてきて一人笑ってしまいました。

 

 

奥は”エッグ・ベネディクト・アイリーン風”。

スモークサーモンとアボカドを入れて、

ホームズにとって特別な「あの女性」をイメージ。

 

どちらも美味しかったなぁ。アボカドとサーモンの組み合わせも良かったなぁ。

 

f:id:usakame221b:20170608215812j:plain

こちらは”ウィステリア荘風フィッシュアンドチップス”。

 

フレンチのシェフにより庶民の味が華麗に変身。

振りかけたケチャップで事件現場を再現してみました。

 

なるほど、確かに現場っぽい。

けれど、とても美味しい事件でした!

 

 

そうそう、土曜日に行ったのですが。

本来ならば、これらは平日17時以降のフードメニューなもので。

てっきり食べられないものと諦めていたら「大丈夫ですよ!」と。

 

”六つのナポレオンのピザ”、”赤毛連盟サラダ”、”フランシス・カーファックス姫の

シチュー”以外は食べることができました。

これが毎週土曜日そうなのか、たまたまその日は食べれたのかは確認してこなかった

ので、もし土曜日行かれる方は確認してみてくださいませ。

 

 

毎回、メスシリンダービールに挑戦してみようか悩みつつ。

結局は珈琲を頼みました。

 

f:id:usakame221b:20170608220618j:plain

 

オリジナルのカップ。

 

壁には、いろいろとシャーロック関係の写真が。 

今回はクイズのヒントというか、クイズが壁一面に散らされていたため

撮影してくるのは差し控えました。

f:id:usakame221b:20170608221649j:plain

このクイズ、答えを書いて机の上に置いておいたら店員の方が答え合わせをしに

きてくださって。

その時の会話も面白かったんですが、クイズの答えが分かってしまうので詳しく

書けないのが無念。

 

窓際には今回も色々なシャーロックグッズが。

f:id:usakame221b:20170608222443j:plain

f:id:usakame221b:20170608222508j:plain

毎年毎年、逆光になるって分かってるのに、何も考えずに写真を撮影し

あとで「あーーーーー」となるのが恒例という。

 

 

オリジナルカクテルも飲んでみたいし、ピザやシチューやサラダも食べてみたい。

という訳で、誰か夜のカフェに同行してくれないものかと画策している

今日この頃です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェ・クリスティが期間限定でパブ・シャーロックになったりシャーロック・カフェになったりする話②

2014年から早川書房1階のカフェ・クリスティにてパブ・シャーロックや

シャーロック。カフェが開催されるという話の第二弾です。

 

訪問記第一弾(2015年の話)は、こちらです。

 

usakame221b.hatenablog.com

 

 

 

今回は去年。2016年3月に行ったときの話を。

ええ、去年の話です。

 

f:id:usakame221b:20170604223942j:plain

f:id:usakame221b:20170604224048j:plain

 

夜の部の食べ物が、いろいろと変わっておりますね。

イギリスカツレツとオープンサンド食べてみたかったなぁ。

ええ、今回も昼間にお邪魔したもので、そのメニューは残念ながら食べられず。

 

 

f:id:usakame221b:20170604224111j:plain

......あれ。

左の写真。こ、これはホームズ風ビーフ・オープンサンドでは?!

 

夜しか食べられないと思っていたけれど、出してもらえたんだ......。

一年前のことすら思い出せない。申し訳ない。

 

右はホームズ・パンケーキ・セット。

 

 

そうそう昨年は”名台紙入りオリジナルコースター”をいただけたんでした。

f:id:usakame221b:20170604224136j:plain

 

シャーロック・ホームズを題材にした小説の表紙も貼られていました。

 

f:id:usakame221b:20170604224157j:plain

 

 

Moriarty (English Edition)   The Curious Adventures of Sherlock Holmes in Japan (English Edition)

 

 

 

テーマはヴィクトリア朝

f:id:usakame221b:20170604224212j:plain

 

 

そして、写真だけ撮ったけれど何だったのか聞くのを忘れてしまったこちら。

f:id:usakame221b:20170604224231j:plain

f:id:usakame221b:20170604224259j:plain

煙草関係の何かだとは分かったものの。はて?

 

 

調べてみたら、どうやら”たばこカード”と呼ばれるもののようで。

www.jti.co.jp

 

最初は紙たばこを保護する目的で入れられていたのが、その後は広告を刷ったり

風景などを印刷したものを入れたりするようになったそうで。

永谷園のお茶漬けに、東海道五拾三次カードが入ってるのと同じ......ではないか。

 

カードの裏面の一番下には「First Issued in 1923」の文字。

その上には「Reproduction by Card Promotions C 1996」と。

えーっと、復刻版ということでいいのかしら。

 

 

窓際の展示は、こんな感じでした。

f:id:usakame221b:20170604224321j:plain

丸い帽子、可愛いな。

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』のドクター・ワトスンを思い出し

ます。

 

f:id:usakame221b:20170607225453j:plain

f:id:usakame221b:20170604224344j:plain

このマグカップ欲しいなぁ、とつぶやきながら撮影した気がします。

 

f:id:usakame221b:20170604224644j:plain

 

お店の外から撮影してみましたが......

 

f:id:usakame221b:20170604224421j:plain

映り込みが激しすぎて、なんだかよく分からないという。無念。

 

そして、こちらを購入。

f:id:usakame221b:20170604224513j:plain

神戸・異人館の中にある英国館オリジナルキーホルダー。

 

kobe-ijinkan.net

 

英国館のすぐ近くにあるEUROCO(ユーロコ)は、シャーロック・ホームズグッズや、イギリスからの輸入商品がたくさん。ちょっと個性的な商品もあるので、お店の隅々までcheckして。

 

い、行きたい。

四半世紀前に異人館へ行ったけれど、”うろこの家”の記憶が薄っすらあるぐらいで。

イギリスのシャーロック・ホームズ博物館も行きたいんですけどねぇ。

と、空を見上げる今日この頃。

 

さて、次回は今年のシャーロック・カフェについて書く予定です。

 

 

 

 

 

 

 

カフェ・クリスティが期間限定でパブ・シャーロックになったりシャーロック・カフェになったりする話

神田駅から歩くこと数分。

早川書房の1階にあるカフェ・クリスティでシャーロックパブが期間限定で

オープン。

 

そんな情報を入手した2015年7月。

ええ、もう2年前の話なんですが。

 

www.hayakawa-online.co.jp

 

この記事によると、2014年にも期間限定でシャーロックパブがあったようで。

さすがに、そのときは知らなかったなぁ......。

 

という訳で、2015年8月にも行きまして。

 

お次は2016年3月に行きまして。

ええ、去年の話なんですが。

 

www.hayakawa-online.co.jp

 

 

今年も行くことが出来ました。

 

www.hayakawa-online.co.jp

 

なのに1回も記事を書いてないなんて。

写真も撮ってあるのに、もったいない。

 

ということで、2015年8月に行ったときのことから書いていこうと

思います。

 

f:id:usakame221b:20170604211424j:plain

 

そうそう、記念すべき1回目は夏休みだったので平日に行けたんでした。

f:id:usakame221b:20170604211451j:plain

こちらがメニュー。

f:id:usakame221b:20170604211511j:plain

f:id:usakame221b:20170604211539j:plain

なんか、もっと、こう読みやすいように撮影すればいいのに、と過去の自分に

文句言っても仕方ないのですが。

 

f:id:usakame221b:20170604211608j:plain

ふむふむ、このときは”ミックスナッツ”という書き方だったのですね。

夜の部のメニュー美味しそうだったなぁ。

 

お腹が空いていたのでランチメニューの”オムライスデミソース”を注文した

ようです。写真が残ってるから、間違いない。

f:id:usakame221b:20170604211651j:plain

で、〆の甘いものに同行者の方が頼んだホームズ・アフタヌーンティー・セット。

f:id:usakame221b:20170604211707j:plain

f:id:usakame221b:20170604211725j:plain

ミッキーの耳のようになってるのはオリジナルマカロンクッキー。

ロンドンの景色と、シャーロックのシルエットが。

 

f:id:usakame221b:20170604211754j:plain

こちらは、ホームズ・パンケーキ・セット。

紅茶かコーヒーを選べました。

 

 

壁一面に数々のシャーロック作品ポスター。

f:id:usakame221b:20170604212254j:plain

 

その中には、これまでシャーロックを演じてきた方々の写真も。

f:id:usakame221b:20170604212320j:plain

ベネディクトさん、ロバート・ダウニー・Jrさん、そして私が映像で初めて見た

ジェレミー・ブレットさん演じるシャーロック。

 

うむ、この3名の方でしか見たことがないなぁ。しょんぼり。

あ!!もうひとつあった、『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』!!

ニコラス・ロウ氏主演。うんうん。

この時点では、まだ日本未公開だった『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』もみたから

5作品か。うんうん。(一人納得)

 

 

そして、私が一番興奮してたポスター。

f:id:usakame221b:20170604212556j:plain

大好きだったなぁ、アニメ版の名探偵ホームズ。

数年前に思い切ってDVDセット購入しちゃったもんなぁ。

 

 

窓際のディスプレイは、こんな感じでした。

f:id:usakame221b:20170604212344j:plain

ホームズグッズって沢山あるんですねぇ。

f:id:usakame221b:20170604212407j:plain

可愛かったなー、ホームズ仕様のテディーベア。

 

f:id:usakame221b:20170604212435j:plain

f:id:usakame221b:20170604212458j:plain

完全なる逆光。

そうそう、ホームズになれる衣装も用意されてました。

f:id:usakame221b:20170604212519j:plain

 

 またしてもモリアーティに誘拐された感じのジョン。

f:id:usakame221b:20170604212638j:plain

2016年のことは、次回で書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

YURI on ICE CAFEへ行った話

ベネディクトさんの情報を集めたい一心で始めたツイッター

そしてベネディクトさんのことを呟きたい一心で始めたツイッター

 

次第に、ベネディクトさんのことだけでなく面白そうな映画や話題にも触れる

機会が多くなりました。

 

もともとはベネディクトさん関係でフォローをさせていただいた皆さんですが

面白い!と思うツボが結構重なることが多く、その情報から観に行った映画が

自分も面白い!と思えて。

自分の情報収集能力だけでは絶対知ることのなかったことを知ることができるって、

本当にありがたいなぁ、と。

 

 

で、ある時から私のタイムライン上で大きな話題となったアニメがありまして

それが『ユーリ!!!on  ICE』。

 

 

もともとフィギュアスケートは好きだったので、興味はあったものの。

何しろ私が興味を持った時は放送もとっくに終了していたという。

まぁ、機会があったら......と思ったら、Amazonプライムで見られるということを

知りまして。

 

なるほど、これは面白いじゃないか!と。

 

私は特にユーリ・プリセツキー(あだ名はユリオ)とおじいちゃんの関係性が大好きに

なりました。

 

 

5月中旬、表参道でYURI on ICE CAFEが期間限定で開催されるという情報を入手。

いいなぁ、行きたいなぁと呟いたところ、ファンの方に誘っていただけました。

ありがたや、ありがたや。

 

で、次に驚いたのがそのシステマチックさというか。

私は勝手にお店の前で並べばいいんだろうな、ぐらいに思っていたら。

なんの、なんの。

 

yuri-on-ice-cafe.jp

 

事前にパソコンから予約できるし、80分でお客さん総入れ替えだし、みたいな。

すごいなぁ、前々からユーリ関係はグッズ展開の豊富さ(洋服などもありますね!)

だけでなくホテルと提携したり、とその広がりが大きいなぁと感心していたのですが。

カフェも、すごい徹底してるなぁ、と。

 

 

 予約当日。

 

予約時間20分ぐらい前にお店の前を通りかかったらチラリと並んでる方が。

え?もう??と思いつつ、他の店へ買い物に。

 

予約時間5分前に戻ってみれば、もう道路まで列が伸びている......。

申し訳ない、私が買い物したかったばっかりに......。

 

並んでる間に店員さんからメニューが渡され、そして口頭で注意事項の説明が。

すべては先ほどリンクを貼ったページに書いてありますが、

 

・一人1品コラボメニューを注文する(ドリンクとテイクアウトを除く)

・オーダーは1回のみ。追加は不可。テイクアウトも、同時に注文する。

・相席の可能性もある

 

そして、並びながらオーダー。何しろ1回しか注文できないから真剣。

 

結局、席に通されたのは予定時間より15分後でした。

しかし退席時間の延長はないとのこと。どひー。

なるほど、だから皆さん早めに並ばれていたのですね。

 

ただ。

 

遅く行ったおかげで、隅っこに近い席となり

f:id:usakame221b:20170604131756j:plain

 

 お隣の方が「この見下されて食事できる感じが素敵!」って仰ったので思わず

笑ってしまいました。

 

席には、すでに紙のランチョンマットと予約特典のオリジナルクリアポスターが

セットされておりました。

f:id:usakame221b:20170604132114j:plain

どちらもA3サイズ。

あらかじめ100円ショップでA3サイズのクリアファイルを購入して持ってきて

いたお隣の方、すごいわー!

 

他に持ち帰れるものは、コースター。

 

f:id:usakame221b:20170604132503j:plain

 オリジナルドリンク1杯につき、もれなく1枚ついてくるという。

全部で4種類あるようです。

なるほどー、1人で3杯ぐらい頼んでいる方がいらしたのはこういう訳だったのか!

 

ちなみに、このコースターは入店前のオーダー最終確認の時に渡されました。

 

周囲の写真を撮りつつ待っていますと、まずは飲み物が到着。

f:id:usakame221b:20170604133123j:plain

マッカチンのカフェモカ。

なんだろう、シート状になってましたマッカチン

泡をスプーンですくおうとしたら、シートがペロンとスプーンにくっついてしまい

アッと言う間にマッカチンの下半分がへにゃけてしまったという。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135200j:plain

ゆ~とぴあかつき名物“勇利のかつ丼”

 

最初にブロッコリーともやしだけ運ばれてきました。

それを食べ終ったらスタッフを呼んでください、とのことでしたが食事をしていたら

スタッフの方がかつ丼持ってきてくださいました。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135218j:plain

ユリオの名言ボルシチ

 

飛び散っておりますね。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135235j:plain

ピチットくんのガパオライス

 

かつ丼も美味しかったけれど、このガパオライスも美味しかったなぁ。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135253j:plain

左が、ヴィクトルの4回転フリップソーダ

別添えのソーダを上からかけると、ヴィクトルが下へ回転しつつ落ちていくという。

壮大な仕掛けであります、はい。

 

右は、友達になろうブリュレ

 

かなり甘い2人の友情を感じることができました(なんじゃそりゃ)。

 

 

で、ご飯を食べているとスタッフさんが番号を読み上げる声が。

 

そうそう、ここでしか購入できない物販コーナーがあるというのです。

お店の入口の左側に、小さな部屋がありまして

f:id:usakame221b:20170604140558j:plain

f:id:usakame221b:20170604140719j:plain

3人それぞれのディスプレイも。

 

ここで購入できるのはB5ノート(3種類)、キャンパスアート、トートバック、

アクリルスタンド(3種類)それから缶バッチセットと、もう1つ何か箱状の

ものが売られていたような......。

 

購入するグッズが決まったら、小部屋を出てレジで会計を済まし、また食事の

続きへと戻るのでした。

 

 

私たちのいたB1の壁は、こんな感じ。

f:id:usakame221b:20170604135307j:plain

この階の下にも部屋があるようなので、そこはどんな感じだったのかなぁ。

 

 

私が購入したのは、こちらのアクリルスタンド。

f:id:usakame221b:20170604141509j:plain

販売時は、約10.5×15.5センチの銀包装がされており。

どのキャラクターが入っているか全く分からないようになっています。

 

このユリオくん、高さや約8.3センチほど。

パーツは3つありますが、どれも既に綺麗に切り取られており、テープで仮止めが

されているので、それをはがすだけで簡単に取れました。

 

って、さも自分でユリオくんを引き当てたように書いてますが。

実は、隣の席の方と交換していただいたのです。ぐふふ。

私はヴィクトルを引いていて、それで満足していたのですが、お隣から

「ユリオが重なっちゃったな~」という声が聞こえたものですから。

ずーずーしくも交換をお願いしてしまいました。

お隣の方、その節は、ありがとうございました!!

 

いやぁ、それにしても土日は連日予約で満席のようで。

そうだよなぁ、期間限定だしメニュー全部食べてみたいと思ったら1回では

無理だし、数回行きたくなるだろうなぁ。

 

これから、どんなグッズ展開などなどがあるのか。

完全新作の映画も作られるようだし、またそれに関連して色々いろいろありそうだなぁ

と勝手に想像する今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

英国土産いただきました

イギリス方面へ旅行された方から、お土産をいただきました。

 

f:id:usakame221b:20170219175102j:plain

 

片面が約3センチちょい。

広げますと両面に小さな磁石がついておりまして。

 

f:id:usakame221b:20170219175425j:plain

ブックマーカー

 

London Underground Mini-Magnetic Bookmarks | That Company Called IF

ロンドンの地下鉄のうち6路線が商品化されているのかな??

 

ピタッとくっつくから、落とす心配がなくて嬉しいなぁ。

 

 

そして、トラベルパスホルダー!!

f:id:usakame221b:20170219182242j:plain

イギリスにはオイスターカードという、日本でいうSuicaみたいな

カードがあるそうなんですが。

「現地で、カードを入れて使ってね」と。

うう、行きたいイギリス。

 

f:id:usakame221b:20170219182346j:plain

なかを開けますとカードが2枚入る仕様。

 

そして、裏面をみてビックリ!

f:id:usakame221b:20170219182418j:plain

 

シャー――ローーーーーック!!!

なんか、ちょっと照れてるような、迷惑そうな?!

 

「ジョン、助けてくれ。勝手に持ち歩かれる!!」って言ってるような?!

 

あああ。

 

勿体なくて使えない。

そうか、最初の黒いカバーをつけたまま使おう。

いや、カバーにカバーしたままで改札機が認識してくれるか分からないけれど。

 

と、嬉しさのあまり妄想に走るのでありました。

 

いやぁ、それにしても『シャーロック』のシリーズ4は、いつ日本でも

放映されるんでしょうかねぇ。

『忌まわしき花嫁』がまさかの劇場公開で、すごく驚き、かつ『シャーロック』の

力ってすごいな、と喜んだのですが。

その流れで(どの流れで?)シリーズ4も、早めに公開になるんじゃないかと

淡い期待を勝手に抱いてしまっていた私は途方に暮れつつ、放送予定日の情報を

いまかいまかと待つ今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての4DX体験

記念すべき5回目の『ドクター・ストレンジ』は、人生初体験の4DXで

観てまいりました。

 

※ 映画の内容に触れていますので、未見の方はご注意くださいませ。

 

 

f:id:usakame221b:20170219153417j:plain

 

劇場の入り口にあった、この看板によりますと

 

・Air

・Vibration

・Lightning

・Bubbles

・Scents

・Ticklers

・Rainstorm

・Snow

・Wind

・Fog

・Rain

・Water

・Motion

 

以上の効果が期待されるようで。

 

作品開始前にマーベルのロゴが流れるときから座席が動く、会場内が光る!

油断していたので、おお、ここから4DX対応!と一人驚いてました。

 

各座席の右側にはON・OFFスイッチがありまして。

雨に関する効果をOFFにすることもできたようです。

私の隣に座った見知らぬ男性は、水に濡れるのが苦手なようで、というか

髪型を気にされていて、水が出るたびせっせと髪を直している感じでした。

そして3D上映だったのに、メガネをかけずに鑑賞されていました。

いや、かける、かけないは個人の自由なのですが。

ここから先は3Dメガネをかけてください!というテロップが流れても

まったく動じてなかったので。

おそらく、3Dを肉眼で観ることに慣れていらっしゃ......??

謎です。

 

 

そうそう。4DX。

Scentsは”香り”という意味だそうですが、それとBubbles以外は

体感できた気がします。

いや、もしかして香りあったのかな??

お隣のキャラメルポップコーンの香りしかしなかった気がするけれど。

 

座席が思った以上に動いて、驚きました。

ちょっとしたアトラクション気分!

 

冒頭、お師匠様の両足に魔術のムチみたいなのが絡み付くシーンでは、自分の

足元にもシュッと風がきたり。

ドクターが蹴られるシーンでは、自分の背中にもドンドン!と突き上げられる

ような刺激がきたり。

 

 

何度も観てストーリーを知っているので、次はドクターの胸に武器が

突き刺さるから、身構えておこうと思えるけれど。

あれ、初見が4DXだったら、ビビりの私としては心臓バクバクしすぎちゃって

映画どころじゃなかったかもしれない(ビビりすぎ)。

 

映画も、こうゆう楽しみ方があるんだなぁ、といたく面白い体験をさせて

いただきました。

 

 

そうそう、グッズ売り場にアレがありましたので2個購入。

 

でました!ついに、モルドが!!

f:id:usakame221b:20170219162317j:plain

 

私の手元に揃った4種類。

そして、お師匠様は全部で3つ揃いました!!

 

ご存じない方のために。

これは、アクリルジオラマコレクションというシリーズでして。

 

アクリルジオラマコレクション『ドクター・ストレンジ』 映画公開と共に順次発売! | セガ 製品情報サイト

 

ブラインドパッケージ仕様のため、中にはどのバージョンが入っているか

分からないという、このスリル!?

 

全8種類あるうち半分集まった、と。

1箱買えば1回で8種類揃ったんだろうとは思うものの。

そこはやはりスリルを楽しみたい、運を試したい、という意味不明な理由で

3回に分けて購入しまして。えぇ。見事にお師匠様3人揃いました。

 

 

f:id:usakame221b:20170219163456j:plain

 

4種類あれば映画の1シーンを再現できます!??

 

 それにしても、あれですね。

5度目にもなると、もうドルマムゥが可愛くて仕方なくて。

 

「な、なんだこれー!」みたいに叫ぶ、あの最後のシーン。

今まで何でもすぐに自分の思い通りになってきたのに、ドクターときたら

しつこくてしつこくて、お坊ちゃん(??)のドルマムゥとしては耐え切れなかった

みたいに見えてきて。

ぷぷ、可愛い。

 

あのドクターの粘り。

さすが、5時間カマー・タージの前で粘っただけあるなぁ、と。

そうゆう意味では、モルドの人を見る目というのは確かだなぁ、と思ったり。

モルドの助言がなければ、ドクターも修業させてもらえなかった訳だし。

 

お医者さんになる時に誓った、人を救うという誓いを守りつつ、

自らが負け続け何度も痛みを味わいながらも屈することなく、

相手を傷つけることなく相手を倒す、という。

敵は戦って倒す!というモルドにはない解決策をみせたドクター。

 

さて、次回作はモルドとどんなバトルを繰り広げることになるのでしょう。

若い頃に地獄のような体験をしたというモルド。

はたして彼の秘められた過去とは?!

そして師匠とモルドの出会いとは?!って、それは描かれないんだろうなぁ。

個人的には見たいんですけれど。

出来なくて、ウォンに「めそめそするな!」って叱られたとこだって

きっとあったはず(ないない)。

 

「ただの蜂蜜入りのお茶ですよ、落ち着きなさい」ってお師匠様に諭された

こともあったはず(ないない)。

 

今回の敵であるカエシリウスも、過去に愛する人を失ったという設定でしたが。

もうちょーっとだけでも彼の過去に触れてくれたら、彼の目指すものに

共感できたかも、というか。

いや、悪役に共感ってどーなの、ってところもありますが。

なんというか、彼のやっていることに納得感が増す、というか。

あぁ、こうゆう動機ならばまぁ、そう考えたくなるよね、みたいな共感というか。

 

スター・トレックでカーンを演じたベネディクトさんの言葉を借りるならば

 

f:id:usakame221b:20170219170857j:plain

f:id:usakame221b:20170219170913j:plain

f:id:usakame221b:20170219170922j:plain

 

 インタビュアーに「悪役を演じましたが彼は本当に悪ですか?」と聞かれたときの

ベネディクトさんの答えです。

 

「映画では敵として描かれましたが彼の立場は複雑で敵なのに人を

 引きつけます。

 型にはまらず、よい意味で期待を裏切ります。

 彼の行動の背景を理解するとき、彼の激情や意図を理解するとき

 彼に共感するでしょう。

 

 彼を善か悪かに区別するのは難しいです。

 次の言葉が彼の立場を表しています。

 ”テロリストは立場が変われば自由の戦士”」

 

 いやぁ、ベネディクトさんのカーンへの愛が伝わる内容だなぁ、と。

演じるキャラクターを一番愛してるのがベネディクトさん、ということを

どなたか書いていらしたのですが。

本当にその通りだなぁ、と。

 

そこまで入れ込むことができるからこそ、演じきれるということも

あるのでしょうか。

さすがだなぁ、ベネディクトさん(と入れ込みすぎの私)。

 

明日は、こちらの本が到着予定。

 

Marvel's Doctor Strange: The Art of the Movie

Marvel's Doctor Strange: The Art of the Movie

 

 

 

まだまだ私のなかのドクター・ストレンジ熱は冷めなさそうな気配です。