【トップページの表示を軽くする方法】
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさかめ英国至宝部

俳優ベネディクト・カンバーバッチさんに関するあんなことやこんなことを綴るブログです

英国土産いただきました

イギリス方面へ旅行された方から、お土産をいただきました。

 

f:id:usakame221b:20170219175102j:plain

 

片面が約3センチちょい。

広げますと両面に小さな磁石がついておりまして。

 

f:id:usakame221b:20170219175425j:plain

ブックマーカー

 

London Underground Mini-Magnetic Bookmarks | That Company Called IF

ロンドンの地下鉄のうち6路線が商品化されているのかな??

 

ピタッとくっつくから、落とす心配がなくて嬉しいなぁ。

 

 

そして、トラベルパスホルダー!!

f:id:usakame221b:20170219182242j:plain

イギリスにはオイスターカードという、日本でいうSuicaみたいな

カードがあるそうなんですが。

「現地で、カードを入れて使ってね」と。

うう、行きたいイギリス。

 

f:id:usakame221b:20170219182346j:plain

なかを開けますとカードが2枚入る仕様。

 

そして、裏面をみてビックリ!

f:id:usakame221b:20170219182418j:plain

 

シャー――ローーーーーック!!!

なんか、ちょっと照れてるような、迷惑そうな?!

 

「ジョン、助けてくれ。勝手に持ち歩かれる!!」って言ってるような?!

 

あああ。

 

勿体なくて使えない。

そうか、最初の黒いカバーをつけたまま使おう。

いや、カバーにカバーしたままで改札機が認識してくれるか分からないけれど。

 

と、嬉しさのあまり妄想に走るのでありました。

 

いやぁ、それにしても『シャーロック』のシリーズ4は、いつ日本でも

放映されるんでしょうかねぇ。

『忌まわしき花嫁』がまさかの劇場公開で、すごく驚き、かつ『シャーロック』の

力ってすごいな、と喜んだのですが。

その流れで(どの流れで?)シリーズ4も、早めに公開になるんじゃないかと

淡い期待を勝手に抱いてしまっていた私は途方に暮れつつ、放送予定日の情報を

いまかいまかと待つ今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての4DX体験

記念すべき5回目の『ドクター・ストレンジ』は、人生初体験の4DXで

観てまいりました。

 

※ 映画の内容に触れていますので、未見の方はご注意くださいませ。

 

 

f:id:usakame221b:20170219153417j:plain

 

劇場の入り口にあった、この看板によりますと

 

・Air

・Vibration

・Lightning

・Bubbles

・Scents

・Ticklers

・Rainstorm

・Snow

・Wind

・Fog

・Rain

・Water

・Motion

 

以上の効果が期待されるようで。

 

作品開始前にマーベルのロゴが流れるときから座席が動く、会場内が光る!

油断していたので、おお、ここから4DX対応!と一人驚いてました。

 

各座席の右側にはON・OFFスイッチがありまして。

雨に関する効果をOFFにすることもできたようです。

私の隣に座った見知らぬ男性は、水に濡れるのが苦手なようで、というか

髪型を気にされていて、水が出るたびせっせと髪を直している感じでした。

そして3D上映だったのに、メガネをかけずに鑑賞されていました。

いや、かける、かけないは個人の自由なのですが。

ここから先は3Dメガネをかけてください!というテロップが流れても

まったく動じてなかったので。

おそらく、3Dを肉眼で観ることに慣れていらっしゃ......??

謎です。

 

 

そうそう。4DX。

Scentsは”香り”という意味だそうですが、それとBubbles以外は

体感できた気がします。

いや、もしかして香りあったのかな??

お隣のキャラメルポップコーンの香りしかしなかった気がするけれど。

 

座席が思った以上に動いて、驚きました。

ちょっとしたアトラクション気分!

 

冒頭、お師匠様の両足に魔術のムチみたいなのが絡み付くシーンでは、自分の

足元にもシュッと風がきたり。

ドクターが蹴られるシーンでは、自分の背中にもドンドン!と突き上げられる

ような刺激がきたり。

 

 

何度も観てストーリーを知っているので、次はドクターの胸に武器が

突き刺さるから、身構えておこうと思えるけれど。

あれ、初見が4DXだったら、ビビりの私としては心臓バクバクしすぎちゃって

映画どころじゃなかったかもしれない(ビビりすぎ)。

 

映画も、こうゆう楽しみ方があるんだなぁ、といたく面白い体験をさせて

いただきました。

 

 

そうそう、グッズ売り場にアレがありましたので2個購入。

 

でました!ついに、モルドが!!

f:id:usakame221b:20170219162317j:plain

 

私の手元に揃った4種類。

そして、お師匠様は全部で3つ揃いました!!

 

ご存じない方のために。

これは、アクリルジオラマコレクションというシリーズでして。

 

アクリルジオラマコレクション『ドクター・ストレンジ』 映画公開と共に順次発売! | セガ 製品情報サイト

 

ブラインドパッケージ仕様のため、中にはどのバージョンが入っているか

分からないという、このスリル!?

 

全8種類あるうち半分集まった、と。

1箱買えば1回で8種類揃ったんだろうとは思うものの。

そこはやはりスリルを楽しみたい、運を試したい、という意味不明な理由で

3回に分けて購入しまして。えぇ。見事にお師匠様3人揃いました。

 

 

f:id:usakame221b:20170219163456j:plain

 

4種類あれば映画の1シーンを再現できます!??

 

 それにしても、あれですね。

5度目にもなると、もうドルマムゥが可愛くて仕方なくて。

 

「な、なんだこれー!」みたいに叫ぶ、あの最後のシーン。

今まで何でもすぐに自分の思い通りになってきたのに、ドクターときたら

しつこくてしつこくて、お坊ちゃん(??)のドルマムゥとしては耐え切れなかった

みたいに見えてきて。

ぷぷ、可愛い。

 

あのドクターの粘り。

さすが、5時間カマー・タージの前で粘っただけあるなぁ、と。

そうゆう意味では、モルドの人を見る目というのは確かだなぁ、と思ったり。

モルドの助言がなければ、ドクターも修業させてもらえなかった訳だし。

 

お医者さんになる時に誓った、人を救うという誓いを守りつつ、

自らが負け続け何度も痛みを味わいながらも屈することなく、

相手を傷つけることなく相手を倒す、という。

敵は戦って倒す!というモルドにはない解決策をみせたドクター。

 

さて、次回作はモルドとどんなバトルを繰り広げることになるのでしょう。

若い頃に地獄のような体験をしたというモルド。

はたして彼の秘められた過去とは?!

そして師匠とモルドの出会いとは?!って、それは描かれないんだろうなぁ。

個人的には見たいんですけれど。

出来なくて、ウォンに「めそめそするな!」って叱られたとこだって

きっとあったはず(ないない)。

 

「ただの蜂蜜入りのお茶ですよ、落ち着きなさい」ってお師匠様に諭された

こともあったはず(ないない)。

 

今回の敵であるカエシリウスも、過去に愛する人を失ったという設定でしたが。

もうちょーっとだけでも彼の過去に触れてくれたら、彼の目指すものに

共感できたかも、というか。

いや、悪役に共感ってどーなの、ってところもありますが。

なんというか、彼のやっていることに納得感が増す、というか。

あぁ、こうゆう動機ならばまぁ、そう考えたくなるよね、みたいな共感というか。

 

スター・トレックでカーンを演じたベネディクトさんの言葉を借りるならば

 

f:id:usakame221b:20170219170857j:plain

f:id:usakame221b:20170219170913j:plain

f:id:usakame221b:20170219170922j:plain

 

 インタビュアーに「悪役を演じましたが彼は本当に悪ですか?」と聞かれたときの

ベネディクトさんの答えです。

 

「映画では敵として描かれましたが彼の立場は複雑で敵なのに人を

 引きつけます。

 型にはまらず、よい意味で期待を裏切ります。

 彼の行動の背景を理解するとき、彼の激情や意図を理解するとき

 彼に共感するでしょう。

 

 彼を善か悪かに区別するのは難しいです。

 次の言葉が彼の立場を表しています。

 ”テロリストは立場が変われば自由の戦士”」

 

 いやぁ、ベネディクトさんのカーンへの愛が伝わる内容だなぁ、と。

演じるキャラクターを一番愛してるのがベネディクトさん、ということを

どなたか書いていらしたのですが。

本当にその通りだなぁ、と。

 

そこまで入れ込むことができるからこそ、演じきれるということも

あるのでしょうか。

さすがだなぁ、ベネディクトさん(と入れ込みすぎの私)。

 

明日は、こちらの本が到着予定。

 

Marvel's Doctor Strange: The Art of the Movie

Marvel's Doctor Strange: The Art of the Movie

 

 

 

まだまだ私のなかのドクター・ストレンジ熱は冷めなさそうな気配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ドクター・ストレンジ』のグッズについて②

本日4回目の『ドクター・ストレンジ』を鑑賞してきました。

やはり、画面の大きさ・明るさを考えると一番最初に観たIMAXが

良かった気もしますが。

今日の2D字幕版も、なかなかに良かったかと。

って、まぁ、自分が好きな作品だからってのもありますが......。

 

さてさて、映画館で購入したグッズについて続きを。

 

 

①は、こちら↓に。

 

usakame221b.hatenablog.com

 

 

パンフレット。

f:id:usakame221b:20170205223305j:plain

特別版と通常版が用意されていまして。

こちらは、特別版の方です。

 

表紙から凝っていて、裏面も凝っていて。

f:id:usakame221b:20170205224059j:plain

 

中にはベネディクトさんのサイン(複製)があったりしまして。

えぇ、もう大満足です。

まさか2タイプあるとは思わなかったので、もう本当に用意してくださった方々

ありがとうございます。

記事もたっぷりありますし、えぇ、まだ全部読みきれておりません(おいおい)。

 

f:id:usakame221b:20170205224925j:plain

チェンジング下敷き。

この2つの図柄どちらも大好きなので。

えぇ、もう下敷きを使うことはないのですが飛びつきました。

 

 

お次はクリアファイルセット。

A4サイズのクリアファイルが2枚入っていて、表裏がそれぞれ違う図柄に

なっております。

 

 

f:id:usakame221b:20170205230305j:plain

f:id:usakame221b:20170205230325j:plain

 

か、かっこいい。

どの図柄も好き。

 

そして、私が一番好きなクリアファイルがこちら。

f:id:usakame221b:20170205230555j:plain

 

片面のデザインは、こちら↓

f:id:usakame221b:20170205230800j:plain

正式名称は3Dクリアファイル。

 

私の写真の腕前では、到底信じていただけないと思うのですが。

うわっ、なんじゃこの綺麗さ!!ってショップで思わず呟いたぐらい。

 

すごい、3Dなんです!!

すごく綺麗なんです!!!

 

f:id:usakame221b:20170205231105j:plain

うーん、やはりカメラで撮影するのと人間の眼でみるのとでは違うのか。

それとも、やはり私の腕前が......後者ですかね。とほほ

 

f:id:usakame221b:20170205231535j:plain

騙されたと思って、手に取ってみてください。

本当に美しいので!!

最初、「3Dねぇ、はいはい」って思ってた自分が恥ずかしい。

 

 

あとは、トランプとか、カレイドスコープキーホルダーとか

迷ったんですけど。

今のところ、どちらも売り切れてはなさそうなので購入するチャンスは

あるのですが。

 

ですが。

ちょっと、私ったらグッズに入れ込みすぎじゃない??、とか冷静なツッコミを自分に入れてみたり。

 

というか、ドクター・ストレンジ関連の本も数冊欲しいのがあるし。

そろそろグッズはおしまいにしないと、とか思いつつ。

私が買わなければ、あの子たちは淋しく倉庫に戻るだけとか思うと

なんだか不憫で(?????)。

 

と、心揺れる日々を送っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ドクター・ストレンジ』のグッズについて

映画公開前は、タオルとポーチ、それから缶バッチがあるみたい、という

噂を聞いておりましたが。

あまり期待しないでいよう、と。

 

世界最遅公開じゃ、出演者の方どなたもおいでいただけないし......

グッズだって、そんなにないんだきっと。しょんぼり。

 

そしたら、マッツ・ミケルセンさん来日決定ニュースが流れて、

グッズに関するニュースも出てきて!!嬉しかったなぁ。

マッツさんの舞台挨拶があるということで、六本木のチケットを取ろうと

しましたが。席の予約画面に進めたものの、その先がまったく動かず......

 

ま、それはさておき。

グッズ。豊富なグッズについて。

 

クリアファイル、メモ、ステッカー、下敷きにバスタオル、ハンドタオルなどなど

 詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

http://www.stellatuhan.com/asp/Category.asp?Bno=18d757372c08474024ddce3828cf2c16&MlIt_G=10011589

 

うわー、ありがたい!

 

そして購入した、こちらのグッズ。

f:id:usakame221b:20170131222708j:plain

【ドクター・ストレンジ ジオラマコレクション】

 

最初、トランプかな??と勘違いしておりまして。

それにしては、厚みがないな、と。

よくみたら、全8種類と書いてあるし。

 

うむ。

ガチャガチャ系が好きな私としては、挑戦するしかないな、と。

 

f:id:usakame221b:20170131223136j:plain

アクリルプレート、スタンドプレート、ボールチェーン、背景のセット。

飾るも良し、キーホルダーにするもよし。

 

アクリルプレートは全部で8種類あるようで、

 

・ドクター・ストレンジ 3種類

・エンシェント・ワン

・モルド

・カエシリウス

・ドクター・ストレンジのロゴ

・マーベルのロゴ

 

1回目はエンシェント・ワン(ドクターの師匠)と、カエシリウス

背景は何種類あるのかな?

f:id:usakame221b:20170131224155j:plain

これが、結構かっこいい。

f:id:usakame221b:20170131224813j:plain

 

スタンドプレート込みで、高さ約7.5cm。

 

 

2回目を観に行った時、再度チャレンジ。

 

1つは、師匠。

 

もう1つは

f:id:usakame221b:20170131225149j:plain

 

やったー!ドクターだ!!

 

おそらく。

同じところで、ガバっとまとめ買いをしたら同じものを引く可能性が

低いとは思いつつも。

ついつい、ギャンブル魂が。

おそらく、3回目を観に行った時にも残っていたらチャレンジすると思います。

そして、師匠を3つ揃えそうな自分。

 

 

f:id:usakame221b:20170131225903j:plain

【回転キーホルダー】

 

f:id:usakame221b:20170131230305j:plain

 

上の写真に携帯が映り込んでしまいました...

下の写真でオレンジ色の部分が見えますが、蓄光し暗闇で光るとのこと。

まだ試してないという。

 

f:id:usakame221b:20170131230631j:plain

このように、内側部分が回転します。

 直径約4.2センチ。それなりに重みが。

 

 

 

f:id:usakame221b:20170131231611j:plain

 

 【ペンダント】

 

”アガモットの眼”グッズがあるなら、絶対購入しようと心に決めていたので

グッズ売り場で一番最初に探したのが、このペンダント。

 

朝8時から映画館開場。

私が到着したのは朝8時7分ごろ。

 

もう棚に無かったときのショックときたら。

プライスカードがあったので、商品があることは確認できたものの。

肝心の商品が売り切れてる......。

 

映画を観る前からテンションが少しさがるものの、いやいや、今から

待ちに待った映画を観られるんだし!!と自分に言い聞かせ。

 

他のものも購入してレジに向かいました。

私の前には5人ほどの方がいて、レジを待っていたところ。

急にレジの店員さんが持ち場を離れ、何かの束を手に戻ってきました。

別の店員さんに「これ、沢山あるから」と小声で告げて。

 

!!!

 

ペンダント―!!!

ありがとうございます、店員さんに聞いてくれた方、ありがとうございます!!

おかげで、私も便乗して購入することができました。

 

f:id:usakame221b:20170131232708j:plain

ずっしりとした重み。

約6.5×4.5cm、紐の長さは約70cmとのこと。

一人、ペンダントを首から下げてニヤニヤ。

 

来月、ベネディクトさんファンの方々と会う約束があるので、このペンダントを

付けていこうかしら。

意外と気づかれなかったりして!?(そんな訳ない)

 

 

他のグッズについては、次回書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての”一番くじ”

マーベルの世界に足を踏み入れてから、しばらくして

ツイッターで”一番くじ”という単語を見かけるようになり。

 

はて、”一番くじ”とは??と思っていましたら。

どうやら、はずれなしのくじらしい、と。

いつもやっている訳ではなく、たまにあるらしい、と。

 

現在、マーベル関係でやっているのはコチラ。

www.bpnavi.jp

 

たまたま映画館のグッズ売り場にあったので、引いてみました。

人生初の一番くじ

 

f:id:usakame221b:20170130220626j:plain

 

J賞のロックグラス。

なるほど。

 

ロックグラスは今回4種類あったようで。

一番くじ倶楽部 | 一番くじ ワールドコレクタブルフィギュア マーベル~アベンジャーズ集結せよ!~ J賞 ロックグラス

できるならば、マーベルロゴのか、シンボルみたいなのが描かれたのが嬉しかったかも......。

 

一番欲しかったのは、ブラックパンサーのフィギュアなんですけど。

一番くじ倶楽部 | 一番くじ ワールドコレクタブルフィギュア マーベル~アベンジャーズ集結せよ!~ D賞 ブラックパンサーフィギュア

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初めて彼を観まして。

何だか、ちょっと背景とか人物像が理解できていないけれど、スーツかっこいい!

という理由で、はい、今回もし当たるなら彼が良かったんですけれど。

 

まぁ、初めてだし(?)。

チャンスがあったら、2度目のチャレンジをしてみようと思っている

今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ドクター・ストレンジ』 映画館でポスターとアレをいただきました

いよいよ日本でも公開になりました映画『ドクター・ストレンジ』。

もう1日も待てない!ということで公開初日は金曜日だったため、

仕事を休んで映画館へ。

 

いや、仕事終わってからでも良かったんですけれど。

たぶん、そわそわして仕事にならなかったと思うので......

 

それに、地元にはないIMAXで観たかったし、グッズが売り切れる前に

映画館へ行きたかったんです、えぇ。

 

ま、それはさておき。

 

なかなか上映スケジュールが出そろわなくて、字幕にするか吹替にするか

IMAXか3Dか、などなど散々迷いまして。

 

記念すべき1回目はTOHOシネマズ新宿で朝8時半からの回を予約。

当日の朝、予約状況を確認したところ半分以上は席が埋まっておりました。

それだけ待ち望んでいた方々が多かったということで。

 

で、いただきましたポスター。

f:id:usakame221b:20170129204918j:plain

厚手の紙で、簡単には丸まらない。さすがドクター、強い(?)。

 

大きさは330×483mmという。

調べてみたら、Super-Bという規格なのかな??

 

まさかポスターもらえると思ってなかったので慌てました。

書いてあったのかな、他の映画館ではポスターのこと書いてあったけれど

TOHOシネマズさんのホームページにも書いてあったのかな。とほほ

 

 

そして、本日。

 

イオンシネマ系列の劇場で『ドクター・ストレンジ』を観ましたら

A4クリアファイルいただきました!

f:id:usakame221b:20170129210927j:plain

そうそう、ヤクルトさんのCMに出てますよね。

日本バージョンが見つからなかったので、海外バージョンをペタリ。

 


Marvel Studios' Doctor Strange + Yakult TV CM

 

 

 

そして、映画を観終って劇場を出たら赤いマントをはおった女性が

「ヤクルトお配りしています~」と。

 

f:id:usakame221b:20170129211229j:plain

 

記念にクリアファイルとヤクルトを撮影。

 

それにしても、あの赤いマントは誰が作ったのだろうか...なんてことを

気にしつつも美味しくいただきました。

 

 ****** 2017/01/31追記 ******

 

イオンシネマで、ポスターいただいたのに。

その写真のっけるのを完全に忘れてました。

 

f:id:usakame221b:20170131221023j:plain

US版ポスターだそうで。

 

ツイッターで、「ランプを持って遠足に行く子みたい」という内容の

ツイートを見てから、もうそうとしか見えなくなってきました。

ドクター可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての『シャーロック』公式グッズ

『シャーロック』好きとか言ってながら、

 

コンプリートBOXも持っていない私です。

 

SHERLOCK/シャーロック シーズン1-3 コンプリート Blu-ray-BOX

KADOKAWA / 角川書店

 

全シリーズのBlu-rayは持っていますが、持っているんですが。

 

英語字幕が見たかったので輸入盤を購入してみたり

(コンプリート版が出るまでは入っていなかったので)

日本版のシリーズ1・2・3をバラで、ちょいちょい買い足しているうちに

huluさんでも英語字幕・日本語字幕・吹替えの3バージョンが見られるようになって。

 

コンプリート版にしか入っていないというコメンタリーや削除シーンも見たいな、

と思いつつ、3万円というお値段に躊躇し、現在に至る、と。

 

うむ。

 

カンバーバッチ氏が好き、とか言っておきながら

たとえ字幕がなくたって、見るぞ!という気合もなく

(見てみたい作品はあるのですが)

日本版の円盤があっても、心が凹みそうだから観られない作品とかあって。

 

常々思っていたけれど、自分はファンとはいえないんじゃないか。

そんなことを日々思っている今日この頃。

いや、そんなに真剣には悩んでいないんですけど。

 

 

『シャーロック 忌まわしき花嫁』も公開3週目を迎え

「どうしようかなー、4週目は観に行くつもりだけれど3週目はサボろうかなぁ」と、

やはりファンとは思えぬことを思っていたら

 

 

3月3日の夕方に

マグカップ3種を追加!

劇場「SHERLOCK シャーロック」グッズコーナーで順次販売開始!

 

な、なんですと!新柄!!

icons可愛い!!これ、欲しいです!!

 

 

いや。でも、落ち着いて。

 

2/19の『忌まわしき花嫁』公開初日の午前中

うんにゃ、午前中という表現では、生ぬるい。

1回目の上映が終わるか終らないかぐらいな勢いで、都内では早々にグッズは

もろもろ売切!

と言う情報が入ってきたではありませんか。

 

きっと、そうだ。

今回だって、各所に5個ぐらいしか入ってこないんだよ←完全な妄想。

 

3/4から発売だから、金曜のうちに売り切れちゃうんだよ。ぐす。

 

 

で、夕方にツイッターを見てみると。

まだ新宿にあった、残り少ないけれど、みたいなツイートを見かけ。

 

もしかしたら。

もしかしたら、残っているかもしれない。

 

 

乗り換えもあって、少々行くのが億劫だけれども。

前回のグッズも、都内よりは長く売り切れにならなかった

あの場所ならば......

 

 

ということで。

昨日の土曜日の朝、映画館へ電話しまして。

「シャーロックの、ま、マグカップはありますか!!」と。

 

「はい、ございます」

 

「しゅ、種類は、その3種類残ってますか?」

 

「種類、ですか?......はい、再入荷したばかりなので3種類とも大丈夫です」

 

 

やったーーー!これは期待できる。

 

電話した時、ちょうどその映画館で『忌まわしき花嫁』の上映が開始された

時間でして。

つまり、どなたか上映前に購入したかもしれないけれど、まだ残っているってことで。

次の『花嫁』上映は夕方だから、今からマグカップだけ買いに行く人は少ないから

今すぐ行けば残っている可能性大!!

 

いや、待てよ。

自分ですら、マグカップのためだけに遠くの映画館へ行こうとしてるんだし。

正真正銘のファンの人たちは、もう購入に向かっているのでは?!

せっかく行ったのに、ないのでは?!

 

そんな妄想と闘いながら。

 

ありました、ありました。

 

マグカップ3種類の他に、ポスター各種、Tシャツ2種類、そしてマフラー。

事前に流れていた情報とは別の柄のマフラーが。

 

Source : I AM SHERLOCKED Knitted Scarf

Official BBC Licensed Sherlock Scarf

 

 

手に取ったり、戻したり。手に取って裏を見て、戻したり。

悩んだんですが。

なにしろ、いっぱい巻き物(スカーフ類)持ってるのに使いこなせてないし

おそらく勿体なくて使わないだろうから。

スカーフに可哀そうだから、と置いてきました。

 

が、今になっても迷ってみたり。

マグカップのdarkも良かったなぁ、とか。

 

来週の土曜日は、またこの映画館にきて花嫁観て、万が一マグカップが

あったら購入しようかな。

いや、さすがに売り切れるだろうな、とまたも妄想。

 

 

ちなみにグッズ販売劇場リストは、こちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

.