【トップページの表示を軽くする方法】
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさかめ英国至宝部

俳優ベネディクト・カンバーバッチさんに関するあんなことやこんなことを綴るブログです

やはり、「もしも」と思ってしまった『ブーリン家の姉妹』

―『ブーリン家の姉妹』

いつか終わってしまうんじゃないか、と。

そんな心配をしているのは、私だけでしょうか。

 

 

いつか「水曜日はレディースデー」が

終わってしまうんじゃないかと。。。

 

 

 

通常の半額で映画が観られるなんて、

観客としては嬉しい限りだけれど。

 

 

だ、大丈夫なんだろうか、と。

 

ついつい映画館を心配してしまうので

ありました。

 

 

さて。

 

本日は『ブーリン家の姉妹』を観てきました。

 

 

☆☆☆ここから先は、映画の内容に触れています☆☆☆

 

 

 

 

☆☆☆これから観る方はご注意くださいませ☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界史で、ある程度は習ったハズなのに、最後まで

ハラハラしながら観てしまいました。

 

つまり、まったく授業内容を覚えていなかった訳でして。。。

 

 

そんな訳で、どこまでが史実で、どこが脚色なのかが

私には良く分かっていないのですが。

 

 

登場人物たちが抱いていた欲や想いを大きく越えて、

歴史が動いてしまった感じとでもいいましょうか。

 

 

必死で自分の夢(という名の欲望?)を実現しようと努力し、

耐えてきたことが。

 

まったくもって、皮肉な形で収束したかのようにも

思える内容で。。。

 

 

もしも、あの事件がなかったら。。。

 

 

もしも、あの嘘をつかなかったら。。。

 

 

もしも、、、

 

 

誰かの1つの決断が。

 

 

ひょっとしたら、回り回って何か歴史に

大きな影響を与えてしまうのかもしれない。。。

 

 

そうだとしたら。

 

明日からはお昼に何を食べるか?を

今まで以上に必死に考えなくては!?

 

 

 

今月1日の映画デーに、『ブーリン家の姉妹』で

妹役を演じたスカーレット・ヨハンソン主演の

『私がクマにキレた理由(わけ)』を観たばかり。

 

 

なんだか、スカーレットに縁のある今年の

秋でございます。。。