うさかめ英国至宝部

うさかめ英国至宝部

俳優ベネディクト・カンバーバッチさんに関するあんなことやこんなことだけじゃなく様々にとっちらかったことを綴るブログです

アベンジャーズ200% ホットトイズ in六本木 ②

アベンジャーズ200% ホットトイズ in六本木①は、こちらです。

 

usakame221b.hatenablog.com

 

 

フィギュアのエリアを抜けると社長のリビングが。

ソファとテーブルは、映画で実際に使われたとか。

映画観たんですが、ちょっとピンときてなくて。

あのシーンだろうな、うん、たぶん。だとすると、あの人も、この人もソファに

座ったりした訳で。さすがに立入禁止だったので触れませんでしたが。

 

真ん中にドーンと陳列してあったのが社長のAudi

さすが社長、ナンバープレートに自分の名前を入れちゃうとは。

ところで、この65という番号には何か意味が隠されているのでしょうか??

もし、ご存知の方がいらっしゃれば教えていただけると嬉しいです。

 

この眺めは素晴らしかったです。

全部のアイアンマンと車がピタっと収まれば良かったのですが・・・。

 

iPhoneのパノラマ撮影してみましたが・・・ははは、私の腕が悪すぎて申し訳ない。

 

一番左のシルバーのタイプは、初めてのアイアンマンですよね?

これを見ると、インセンさんを思い出してしまって。ぐすっ。

 

テーブル&ソファセットの横には

ムニョムニョ、もとい、ムジョルニアを持ち上げられるか挑戦できるコーナー。

 

係りの方に聞いてみると、「あ~、先ほど持ち上げた方がいらっしゃいましたよ!」

「挑戦してみませんか?写真撮りますよ!」と言われたものの。

さすがに1人でやるのは恥ずかしくて。

 

そそくさと、次のエリアへと進んだのであります。

等身大とのこと。

あまりにも本人すぎて、ここはマダム・タッソー東京ですか?!と。

すごい、良くできてるなぁ。

 

申し訳ない、アイアンマン、申し訳ない。テカってたのに気付かなかった。。。

 

さすがキャプテン。コールソンさんが惚れる(?)だけあってカッコいい。

 

 

その前にあったのが、大迫力のハルクvsハルクバスター

 

この大きさは、公式ホームページで組み立てている写真を見るとお分かりいただける

かと。

 

あ。ハルクの足元にある案内標識に日本語?!

 

こちらのエリアにも体験できるものが。それは・・・

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でキャプテン・アメリカ

搭乗するハーレーダビッドソン「ストリート750」だそうです。

 

どう違うのか比較しようと思ったものの

なぜ真横の写真を撮らなかったのか、という。

ここでも係りの人に「乗りませんか?写真お撮りしますよ」と微笑まれて

恥ずかしさのあまり、そそくさと退場。

 

 

このエリアの先は、ホットトイズ製品注文エリアとなりまして。

壁にアイアンマンが数体並んでおりました。

 

いやぁ、面白かったです。

マーベル作品にハマって日が浅いのに、まさか展示まで見に行くようになるとは・・・

 

次回、もし参加することがあったら絶対デジカメ持って行こう。

そう固く決意する今日この頃です。