【トップページの表示を軽くする方法】

うさかめ英国至宝部

俳優ベネディクト・カンバーバッチさんに関するあんなことやこんなことだけじゃなく様々にとっちらかったことを綴るブログです

YURI on ICE CAFEへ行った話

ベネディクトさんの情報を集めたい一心で始めたツイッター

そしてベネディクトさんのことを呟きたい一心で始めたツイッター

 

次第に、ベネディクトさんのことだけでなく面白そうな映画や話題にも触れる

機会が多くなりました。

 

もともとはベネディクトさん関係でフォローをさせていただいた皆さんですが

面白い!と思うツボが結構重なることが多く、その情報から観に行った映画が

自分も面白い!と思えて。

自分の情報収集能力だけでは絶対知ることのなかったことを知ることができるって、

本当にありがたいなぁ、と。

 

 

で、ある時から私のタイムライン上で大きな話題となったアニメがありまして

それが『ユーリ!!!on  ICE』。

 

 

もともとフィギュアスケートは好きだったので、興味はあったものの。

何しろ私が興味を持った時は放送もとっくに終了していたという。

まぁ、機会があったら......と思ったら、Amazonプライムで見られるということを

知りまして。

 

なるほど、これは面白いじゃないか!と。

 

私は特にユーリ・プリセツキー(あだ名はユリオ)とおじいちゃんの関係性が大好きに

なりました。

 

 

5月中旬、表参道でYURI on ICE CAFEが期間限定で開催されるという情報を入手。

いいなぁ、行きたいなぁと呟いたところ、ファンの方に誘っていただけました。

ありがたや、ありがたや。

 

で、次に驚いたのがそのシステマチックさというか。

私は勝手にお店の前で並べばいいんだろうな、ぐらいに思っていたら。

なんの、なんの。

 

yuri-on-ice-cafe.jp

 

事前にパソコンから予約できるし、80分でお客さん総入れ替えだし、みたいな。

すごいなぁ、前々からユーリ関係はグッズ展開の豊富さ(洋服などもありますね!)

だけでなくホテルと提携したり、とその広がりが大きいなぁと感心していたのですが。

カフェも、すごい徹底してるなぁ、と。

 

 

 予約当日。

 

予約時間20分ぐらい前にお店の前を通りかかったらチラリと並んでる方が。

え?もう??と思いつつ、他の店へ買い物に。

 

予約時間5分前に戻ってみれば、もう道路まで列が伸びている......。

申し訳ない、私が買い物したかったばっかりに......。

 

並んでる間に店員さんからメニューが渡され、そして口頭で注意事項の説明が。

すべては先ほどリンクを貼ったページに書いてありますが、

 

・一人1品コラボメニューを注文する(ドリンクとテイクアウトを除く)

・オーダーは1回のみ。追加は不可。テイクアウトも、同時に注文する。

・相席の可能性もある

 

そして、並びながらオーダー。何しろ1回しか注文できないから真剣。

 

結局、席に通されたのは予定時間より15分後でした。

しかし退席時間の延長はないとのこと。どひー。

なるほど、だから皆さん早めに並ばれていたのですね。

 

ただ。

 

遅く行ったおかげで、隅っこに近い席となり

f:id:usakame221b:20170604131756j:plain

 

 お隣の方が「この見下されて食事できる感じが素敵!」って仰ったので思わず

笑ってしまいました。

 

席には、すでに紙のランチョンマットと予約特典のオリジナルクリアポスターが

セットされておりました。

f:id:usakame221b:20170604132114j:plain

どちらもA3サイズ。

あらかじめ100円ショップでA3サイズのクリアファイルを購入して持ってきて

いたお隣の方、すごいわー!

 

他に持ち帰れるものは、コースター。

 

f:id:usakame221b:20170604132503j:plain

 オリジナルドリンク1杯につき、もれなく1枚ついてくるという。

全部で4種類あるようです。

なるほどー、1人で3杯ぐらい頼んでいる方がいらしたのはこういう訳だったのか!

 

ちなみに、このコースターは入店前のオーダー最終確認の時に渡されました。

 

周囲の写真を撮りつつ待っていますと、まずは飲み物が到着。

f:id:usakame221b:20170604133123j:plain

マッカチンのカフェモカ。

なんだろう、シート状になってましたマッカチン

泡をスプーンですくおうとしたら、シートがペロンとスプーンにくっついてしまい

アッと言う間にマッカチンの下半分がへにゃけてしまったという。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135200j:plain

ゆ~とぴあかつき名物“勇利のかつ丼”

 

最初にブロッコリーともやしだけ運ばれてきました。

それを食べ終ったらスタッフを呼んでください、とのことでしたが食事をしていたら

スタッフの方がかつ丼持ってきてくださいました。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135218j:plain

ユリオの名言ボルシチ

 

飛び散っておりますね。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135235j:plain

ピチットくんのガパオライス

 

かつ丼も美味しかったけれど、このガパオライスも美味しかったなぁ。

 

 

f:id:usakame221b:20170604135253j:plain

左が、ヴィクトルの4回転フリップソーダ

別添えのソーダを上からかけると、ヴィクトルが下へ回転しつつ落ちていくという。

壮大な仕掛けであります、はい。

 

右は、友達になろうブリュレ

 

かなり甘い2人の友情を感じることができました(なんじゃそりゃ)。

 

 

で、ご飯を食べているとスタッフさんが番号を読み上げる声が。

 

そうそう、ここでしか購入できない物販コーナーがあるというのです。

お店の入口の左側に、小さな部屋がありまして

f:id:usakame221b:20170604140558j:plain

f:id:usakame221b:20170604140719j:plain

3人それぞれのディスプレイも。

 

ここで購入できるのはB5ノート(3種類)、キャンパスアート、トートバック、

アクリルスタンド(3種類)それから缶バッチセットと、もう1つ何か箱状の

ものが売られていたような......。

 

購入するグッズが決まったら、小部屋を出てレジで会計を済まし、また食事の

続きへと戻るのでした。

 

 

私たちのいたB1の壁は、こんな感じ。

f:id:usakame221b:20170604135307j:plain

この階の下にも部屋があるようなので、そこはどんな感じだったのかなぁ。

 

 

私が購入したのは、こちらのアクリルスタンド。

f:id:usakame221b:20170604141509j:plain

販売時は、約10.5×15.5センチの銀包装がされており。

どのキャラクターが入っているか全く分からないようになっています。

 

このユリオくん、高さや約8.3センチほど。

パーツは3つありますが、どれも既に綺麗に切り取られており、テープで仮止めが

されているので、それをはがすだけで簡単に取れました。

 

って、さも自分でユリオくんを引き当てたように書いてますが。

実は、隣の席の方と交換していただいたのです。ぐふふ。

私はヴィクトルを引いていて、それで満足していたのですが、お隣から

「ユリオが重なっちゃったな~」という声が聞こえたものですから。

ずーずーしくも交換をお願いしてしまいました。

お隣の方、その節は、ありがとうございました!!

 

いやぁ、それにしても土日は連日予約で満席のようで。

そうだよなぁ、期間限定だしメニュー全部食べてみたいと思ったら1回では

無理だし、数回行きたくなるだろうなぁ。

 

これから、どんなグッズ展開などなどがあるのか。

完全新作の映画も作られるようだし、またそれに関連して色々いろいろありそうだなぁ

と勝手に想像する今日この頃です。